「動乱のインテリジェンス」を読みました。

おつかれさまです、佐藤です。
最近更新が滞りがちですが、気がついたら書いていきたいと思います。

最近読み終えた本に「動乱のインテリジェンス」というのがあります。
著者は鈴木宗男事件で有名になった佐藤優氏と手嶋龍一氏の対談形式になってます。

はっきりいって所々にチンプンカンプンなところ(私の知識の欠如、、、)もありますが
さっと読んで見て世界各国のインテリジェンス(諜報活動)が激しく国益のために戦っていること
がわかります。ちょうど今日、森元首相がプーチン大統領との会談のためにロシアに発ったのですが
この本を読んだ後(北方領土のことも詳しく書いている)なので、これからのロシアとのやり取りも
俄然興味が出てきました^^

あの鳩山さんのイラン訪問のことも厳しく批判しているので、そこ目当てで読んでも面白いと思います。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

ベローズとフレキなら専門家にお任せを!


三元ラセン管工業株式会社


〒536-0022 大阪市城東区永田1-2-37

TEL:06-6968-2037 FAX:06-6968-7475

Mail to:info@mitsumoto-bellows.co.jp
-----------------------------------------------------------------

社長の日記

ベローズ

ベローズ案内人

櫻宮地車囃子保存会


bnb



berozurabo

"「動乱のインテリジェンス」を読みました。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。